Previous month:
2009年1 月
Next month:
2009年3 月

SAAB破綻

Saab_93 今朝の新聞を見て、びっくりしましたcoldsweats02。あのSAABが経営破綻です。。

まあ、日本における昨年の販売台数は、たったの237台ですからねthink。ベントレーが292台も売れてるのにですよcoldsweats02。フェラーリですら450台だし、ポルシェに至っては3,864台も売れてますgawk。これらよりも遥かに安い価格帯の車なのに、この販売台数です。おそらく、こんな調子で世界的にも売れていなかったということなんでしょう。

実は、数年前に車の買い替えを検討したとき、SAAB 9-3 (上の写真は2009年モデル)は候補の1つでした。デザインとパッケージはすごく気に入っていたのですが、車体が大きすぎるし、小回りも利かない等の理由で、試乗もせずに候補からは落ちました。理由は人それぞれでしょうが、こんな感じで人々が欲しがるものから少し外れたところで車作りをしていたのかもしれませんね。

SAABはスウェーデン政府の管理下で、経営再建を目指すようで、すぐにSAABブランドが消える訳ではなさそうですが、欧州車好きとしては自動車業界が元気ないというのは、寂しい限りですthink


続・バラ肉ブーム

Img_0641 今日は初めてバラ肉で豚汁を作ってみました。これまでずっと豚ロースだったので、僕にとっては革命的な出来事ですcoldsweats01

豚ロースを軽く焦げ目が付くまで炒めるのが我流。ほのかに香ばしく、余計な脂も落ちるので、お気に入りです。同じ要領でバラ肉を炒め、軽く焦げ目が付いたところでフライパンから鍋に移そうとしたものの、何故かここで手間取ってしまい、バラ肉はカリカリになってしまいましたweep。おまけに、想像以上に縮んでるしcrying

でも、味は大丈夫でしたhappy01。そして、「お店で出て来る豚汁の肉の味ってこれだっ」と、39歳にしてようやく気付いたのでありましたthink


インサイト発売!

Insight_ls 昨日、ようやく待望の2代目インサイトが発売されましたhappy02

1999年に発売された初代インサイトもハイブリッド専用モデルでしたが、日本では2人乗りが災いし、マイナーな存在のまま、2006年に生産中止となりました。ホンダはシビック・ハイブリッドも出していますが、ハイブリッド専用モデルではないこともあり、世間一般には「ハイブリッド=プリウス」もしくは「ハイブリッド=トヨタ」という図式が出来上がっているようです。まさに、その図式を崩すための重要な任務を背負っているのが、この2代目インサイトですthunder

僕は小学6年生の時からホンダ車のファンで、大学4年生のときに買った初めての愛車も、結婚と同時に乗り換えた愛車も、共にホンダ車でしたconfident。でも、この頃からホンダはRVやSUVに力を入れ始め、僕にとっての魅力的なホンダ車はなくなってしまいましたgawk。その後、4台の欧州車を乗り継いでいますが、ひさしぶりに欲しいと思わせるホンダ車が、この2代目インサイトですhappy01

大衆車のセグメントということもあり、乗り味や質感に関しては、正直不安があります。特にドイツ車と遜色ない高速安定性があるかどうかは、非常に気になります。倍以上の値段がする欧州車と比べるのは酷ですが、非常に高い買物ですから、所有する喜びを感じられないのなら、どんなに安くても買うつもりはありませんthink

でも、ハイブリッドに関しては、欧州車にはない先進性を感じるんですよね。現在、ハイブリッド車を量産してるのは、世界でトヨタとホンダの2社だけですよ。馬車の時代から続く欧州の車文化に勝てる、唯一の領域ではないかと思うんですconfident

今は現金を用意できないので、今すぐに買うということはないですが、投資信託の含み損が許容範囲に戻ってきたら、買うことを前提で試乗しに行くつもりですhappy02。試乗して気に入れば、おそらく即買いでしょうlovely。早く中国市場とインド市場に立ち直ってほしいbearing


人生初のバラ肉

Img_0639 昨夕、人生で初めてバラ肉を買いましたhappy01。静かにバラ肉ブームがやってきていますhappy02

僕は幼少の頃から肉の脂身が大嫌いで、園児のときは給食で出た肉をこっそりと椅子の下に落としてましたし(今思えば先生にはバレバレだったはずcoldsweats01)、小学校の同窓会で同級生に焼肉を食べると話したら異常に驚かれたくらい、肉嫌い(正確には肉の脂身嫌い)でした。

そんなこともあり、料理で使う豚肉はロースしか買ったことがありません。しかも、脂身は取り除いて調理します。霜降りですら脂っこくて嫌いですから、バラ肉みたいな脂の固まりなんて、それこそ論外でした。

ところが先週末、妻アスカが焼うどんの材料を息子タイガに買いに行かせたところ、タイガはどの肉を買っていいかわからなくて、バラ肉を買ってきたんですね。

「お前、肉と言ったらロースだろ〜angry 焼肉屋でロースはあってもバラ肉なんてないだろannoy

でも、焼うどんに入ってるカリカリのバラ肉を食べてみて、

「あれ、お好み焼きのカリカリの肉って、これのことねflair

と気付いた訳です。39歳にして、ようやく人並みの教養が付き始めたようですthink

てな具合で、急速にバラ肉に対する抵抗感はなくなり、昨晩はバラ肉とキャベツともやしを三層に重ねて蒸した貧乏鍋を作りましたrestaurant。家族3人分で、わずか580円です。

そして、今日のお昼ご飯は焼うどん。タイガには好評だったので、当分、土日の昼食は焼うどんと炒飯の日が続きそうです。


2008年 マイルの実績

Ana200812 ひさしぶりのマイルネタです。先月の半ばにANAから12月のマイルの実績がメールで送られてきたので、2008年の実績をまとめてみましたhappy01

貯めたマイル 使ったマイル 残ったマイル
1月 11,801 0 49,403
2月 7,957 0 57,360
3月 7,512 0 64,872
4月 2,623 0 67,495
5月 9,373 0 76,868
6月 16,650 91,000 2,518
7月 11,206 0 13,724
8月 6,665 0 20,389
9月 5,906 0 26,295
10月 17 0 26,312
11月 2,562 0 28,874
12月 4,029 0 32,903
累計 86,301 91,000 -4,699

秋以降は支出を抑えたこともあり、マイルも失速気味でしたが、お金を払って飛行機に乗ったのは東京-広島の1往復だけでこんなにマイルが貯まったのですから、御の字でしょうgood

しかーし、このペースで貯められるのも今年限りのようですcryingANAの案内の通り、2010年からはANA JCBカードのボーナスポイントのマイル交換条件が大幅に悪くなってしまいます。ANAも赤字に転落してしまいましたし、JCBも余裕がなくなってきたということなのでしょうthink