Previous month:
2012年5 月
Next month:
2012年8 月

北海道旅行 2012 (3日目)

今朝のお味噌汁は具の種類を絞り、アサリとカニだけのシンプルな組合せに。アサリのいい出汁が出てました。

今朝も美味でした

網走から根室中標津空港までは、ちょっと距離があるので、9時半過ぎにチェックアウトし、ともかく空港に向かいます。1時間ほど走って、小清水原生花園を過ぎた辺り、涛沸湖の東端で湖畔に放し飼いにされた馬に遭遇。思わず停車し、馬を撮影しに行きました。

駐車場まで戻って500mくらい歩くと 馬がまったり そして撮影

それから1時間半ほど走り、標津町の市街地に入った所で、ここを逃すとお昼ご飯を食べる場所すらなさそうだったので、標津サーモンパーク内にあるレストランサーモン亭で食べることに。

フライ定食はボリューム満点 アスカはお茶漬け、タイガはまたラーメン

急いで30分で食べ終え、13時に出発し、13時半に何とか中標津のレンタカー屋さんに到着。ほとんど確認手続きもしないまま、そのまま空港まで送ってもらいました。

今回の北海道旅行では、車で300kmほど移動しましたが、日本にもこんな自然が残ってるんだという景色の連続でした。宿泊した網走も、市街地は車で5分も走れば通過できるくらい狭い範囲で、海や山に囲まれたのどかな街でした。

それに引き換え、東京は経済的発展はしているものの、なんて人工的な街なんだろう。アスファルトと鉄筋コンクリートに囲まれ、室温すら電気でコントロールし、常に時間に追いかけながらの生活。20年以上住んでる好きな街ではあるけど、北海道に行く度に、いつか移住したいなと思ってしまいますconfident


北海道旅行 2012 (2日目)

朝食もビュッフェ形式でしたが、お味噌汁を自分で作るというのにはびっくりcoldsweats02。蟹汁にしていただきましたcancer

おいしい味噌汁のつくりかた 朝からがっつり

午前は博物館網走監獄へ。入る前は笑顔でしたが、囚人を使った過酷な開拓の歴史を目の当たりにすると、気分はどんよりsad。名物の監獄食を食べる気にもならず、広い園内を一通り見学し、次の場所へrvcar

博物館網走監獄 笑顔は入口まで 懲罰房を体験

ちょうどお昼時だったけど、妻アスカも息子タイガもお腹は空いてないと言うので、近くにあるカフェで軽く食事。

2011年11月にオープンしたばかりのカフェ 撮影を忘れて食べてしまったBLTサンド

その後、ホテルに戻り、少し休憩。アスカが寝始めたので、タイガを連れて道の駅 流氷街道網走へ行き、昼食を。しかし、日曜日だというのに、網走は中心部ですら交通量が少なく、人影もまばらです。2008年に訪れた夕張ほどじゃないですが、ちょっと活気がない感じ。がんばれ、網走sign03

道の駅 流氷街道網走 フードコート キネマ館 ラーメンに麩が入ってる

次は、渋るタイガを連れてオホーツク流氷館へ。網走って、北半球では流氷ができる最南端なんですね。しかも、もっと緯度の高い英国や北欧では流氷はできないそうです。どちらも、海流の影響だそうです。知らなかったthink。そして、流氷体験室では、氷点下15度の部屋で本物の流氷を触ってきました。濡れたタオルを振り回すと、かちかちに凍る寒さです。

氷点下15度を初体験

ホテルに戻って、しばしまったり。今日も夕食は美味でした〜。

今日の鍋は蟹しゃぶ 今日は食べ過ぎないように オホーツクバイキングレストラン「コタ」


北海道旅行 2012 (1日目)

8回目の北海道旅行にして、初めて道東にやってきました。今回は45,000マイルを使って、家族3人分の根室中標津便をゲットですairplane

根室中標津空港は、牛の模型がお出迎え。外は酪農の香りがほんのりとする、のんびりとした空港taurus。この季節で外気温15度だったけど、思ってたほど寒くなく、ちょっと涼しいというくらいでした。

既に空港内が酪農の香り

少し遠回りだけど、ホテルに向かう途中で摩周湖に寄り道。

やってきました、霧の摩周湖 いつもの硬い表情 訳あって爆笑

網走のホテルに着いたのは、18時過ぎ。

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート 壁にはアイヌの模様が こちらの壁にもアイヌの模様が

夕食は美味でした〜。

オホーツクバイキングレストラン「コタ」 今回も満足 種類が多過ぎて全制覇できず