Previous month:
2019年3 月
Next month:
2020年9 月

車を所有する費用をきっちり計算してみた

つい先日、経済的な事情により、愛車を手放しました。

22歳で初めての愛車を手にして以来、28年もの間ずっと車と共に暮らしてきたので、まさに断腸の思いでしたが、最優先すべきは子供の学費と仕送りなので、自ら決断しました。

その一方で、様々な固定費から解放されて、ほっとした自分もいました。

ふと、お気に入りだったThe Beetleを所有して心地よい時間を過ごすために、一体、いくらのお金をかけたのかを知りたくなりました。

その金額は、月額90,223円也

内訳は、以下の通りです。

名目 費用
車両本体 (諸経費込み、購入額-売却額) ¥1,197,000-
自動車税 (24ヶ月分) ¥69,000-
点検整備費 (12ヶ月点検と車検) ¥188,619-
自動車保険 (28ヶ月分) ¥81,490-
駐車場 (28ヶ月分) ¥700,000-
ガソリン (992L) ¥144,455-
オイル交換 (2回) ¥18,317-
ポリマー加工 (2回) ¥28,000-
タイヤ (1セット) ¥99,372-
合計 ¥2,526,253-

そりゃ、経済的に苦しくなるわけだ。1台の車を占有するというのを、金額で表すとこういうことなのかぁ。

今は、カーシェアリングを利用していますが、近所のステーションだと自分好みの車がない代わりに激安です。とはいえ、車マニアじゃない限り、普通の人はこれで満足なんでしょうね。

渋谷か新宿まで行けば欧州車も借りられるので、月に一度くらいは憂さ晴らしでMercedesやVOLVOを借りるのも悪くないかな。そう考えることにして、当面は辛抱です。


アラフィフの転職活動

訳あって、あと数ヶ月で50歳という時点で転職活動を余儀なくされ、50歳を迎えて2ヶ月目に、ようやく1社だけ内定をもらうことができました。

備忘録も兼ね、簡単に振り返っておきます。

背景

そもそものきっかけですが、要するに転職に失敗してしまったためです。

創業間もない零細企業に後輩と2人で乗り込んだものの、入社早々に給与遅配が起き、4ヶ月目には資金繰りの悪化で給与45%カットを呑まざるを得ない状況に。

後輩が先に辞めると言い出し、その後も業績回復が見込めない状況が続き、ついには中国人オーナーから遠回しに退職を促されたこともあり、もうこれは自分の力ではどうにもならないと覚悟し、退職を決意しました。

活動期間

ざっくり、5ヶ月弱かかりました。50代だと平均6ヶ月らしいので、幸運だったと思います。

  • エージェントに登録しようと決意し、活動を開始したのが2019年10月上旬。
  • 直後に体調悪化で1ヶ月半の中断を挟み、2019年12月上旬から応募開始。
  • 会社都合で2020年1月末日付にて退職。
  • 内定をもらえたのが2020年2月下旬。

活動手順

ざっくり、こんな順番です。

  1. エージェントに登録するための履歴と職務経歴の作成
  2. エージェントに登録
  3. エージェントの担当者と面談
  4. 職務経歴の再作成
  5. 応募 (181社)
  6. 一次面接 (10社)
  7. 二次面接 (5社)
  8. 内定 (1社)

とにかく、応募できる状態にするまでで一苦労でした。

1.だけで軽く2-3週間はかかりましたし、4.も1-2週間はかかりました。仕事をしながらだと、どうしても週末しかまとまった時間を取れないので仕方ないとは言え、想像以上に時間がかかりました。

私の場合は、スペシャリストというよりゼネラリストに近い経歴になったせいもあり、自分の強みが自分でもわからないというか、自分の経歴に自信を持てず、職務経歴をまとめるのに非常に苦労しました。

そして、本当にしんどいのは、応募を始めてからです。まぁ、とにかく書類選考で落とされ、面接をしても最終的には落とされ、常に自分の何かを否定され続けてばかりです。いやぁ、きつかったです。

エージェントからは「ミドル層は書類選考の通過率が6%-8%で、誰しも100社は応募する」と聞かされていたので、当初は書類選考で落とされてもそんなものだと受け流せました。

でも、最終面接で落とされる状況が続き、宣言した退職日を過ぎて失業者になったこともあり、自分は社会から必要とされてないのかなと思うこともしばしばありました。

転職活動を終えて

あくまでも結果論ですが、希望する社内SEとして、かつ、夢だと諦めていた通信業界に戻れることになったので、この会社に出会うために苦労したんだと思うようにしています。

もちろん、いい話ばかりではなく、給与は足元を見られた感があるし、入社して初めて見える負の面は当然あると思います。

でも、181社の中で、唯一、自分のことを評価してくれた会社に出会えたので、これは縁だと思って内定を謹んでお受けしました。

いろんな会社に否定され続けた後に、内定をくれた会社からは、こんなありがたいコメントをいただきました。

システム経験およびベーススキルの根幹がしっかりとあり、
エンジニアとしてのキャリアステップを着実に踏んできている点と、
誠実で実直なお人柄に面接対応者一同非常に好感を持ち、
ぜひ弊社に参画していただきたいと感じました。

しんどい転職活動でしたが、このコメントを読み、本当に心が救われました。


2019年 マイルの実績

気が付けば、早くも2020年になって1ヶ月が過ぎていました💦
忘れないうちに、昨年1年間を振り返ってみましょう😌

貯めたマイル 使ったマイル 残ったマイル 備考
1月 3,350 12,870 42,340 東京-広島 無料 片道x2
秋田-東京 無料 片道x1
2月 3,310 0 45,650  
3月 8,904 28,194 26,360 東京-石垣 往復 無料x2
4月 5,746 0 32,106  
5月 3,840 0 35,946  
6月 4,540 0 40,486  
7月 5,880 8,716 37,650 秋田-東京 無料 往復x2
8月 2,750 5,364 35,036 広島-東京 無料 片道x1
9月 3,397 0 38,433  
10月 2,610 0 41,043  
11月 1,740 0 42,783  
12月 1,450 0 44,233  
累計 47,517 55,144 -7,627  

広島への帰省や息子が住む秋田から東京への移動や、初の石垣島への夫婦旅行にと、2019年もしっかりマイルによる特典を享受できました😊