OS X Lion を入れて感じたこと

OS X Lion 我が家の初代MacBook AirにOS X Lionを入れてみました。20年にも及ぶMacユーザー歴の中で、何度か大きな転機がありましたが、Mac OS 9からMac OS Xに変わった時よりも、大きな変化を感じました。もちろん、技術的な面では、Mac OS 9からMac OS Xに変わった時の方が変化があったのでしょうが、OS X Lionの登場は、Macの方向性を従来とは大きく変える役割を担っているという意味で、非常に大きな変化だと感じました。

スクロールの向きが逆になった

OS X Lionでは、UIが大きく変わりました。機能名で言うと、Launchpadフルスクリーンアプリ、更にそれらを補うMission Controlですが、いずれもiOSからのフィードバックです。そして、UIで最も大きな変更だと思うのが、スクロールの向きが従来のMac OS Xとは逆になったことです。

例えば、Safariで見ているページを上から下にスクロールさせたい時、従来はトラックパッドを二本指で上から下になぞっていました。つまり、スクロールバーをマウスで操作する動作です。ところが、OS X Lionではトラックパッドを二本指で下から上になぞります。これは、見ているページを直接指で上に動かす動作です。iPhoneやiPadと同じ操作方法になったのですが、この方が紙の世界に近く自然だということだと思います。

他にも、前ページに戻りたい時、従来はトラックパッドを三本指で右から左にはらっていました。Safariの左矢印ボタンをクリックするのと同じ動作です。ところが、OS X Lionではトラックパッドを二本指で左から右にはらいます。これは、横書きの本を読む際にページをめくって戻るのと同じ動作です。

どちらの例も、コンピュータの中だけの特殊な操作方法ではなく、ずっと昔から存在する紙や本を使う時と同じ操作方法に揃えたということであり、最初からその操作方法を取り入れていたiOSに合わせたということでもあります。

これは何を意味するか

Macの売上は21四半期連続で増加しているそうですが、大半は既存ユーザーではなく、iPodやiPhone、iPadで初めてApple製品に触れ、そこからMacに流れてきた人たちだと思います。言葉は悪いですが、にわかユーザーが今のMacの売上を生み出す購買層な訳です。実際、自分の周りにもにわかユーザーが非常に多く、既存ユーザーの何倍もの人数になってしまいました。

そして、彼らはiPhoneやiPadの操作が気に入ってMacを買った訳ですから、彼らが自然と使えるUIがMacには必要だったのでしょう。既存ユーザーは違和感を覚えるかもしれませんが、最初にこの世にMacが登場したときに掲げた"The Computer for the Rest of Us"の精神は、全くぶれておらず、むしろあるべき姿ではないかと思います。

疑似iPadだ

Launchpadフルスクリーンアプリを使っていると、まさにiPadってこんな感じなんだろうなって思ってしまいます。SafariもMailもiPhotoも、完全にiPad仕様というくらい、操作性はがらりと変わりました。そのうち、FinderとかDockなんてなくなって、Macを起動するとLaunchpadが起動するようになるかもしれません。iCloudDocuments in the Cloudとか見てると、近いうちにファイルの置き場所を意識する必要もなくなり、Finderって不要になるんだと思います。

そうなると、MacとiPadの違いは何なの? ってくらい、差がなくなっていくんでしょう。もちろん、用意されたものを見るだけや、メールの読み書きだけならiPadでもいいんでしょうが、やはり、何かを作る作業というのはMacじゃなきゃできない領域です。とは言え、大半の人はiPadで充分なんだと思います。

自分も変わらなきゃ

OS X Lionは、操作方法が大きく変わっただけではなく、ついにPowerPCアプリをサポートしなくなりました。自分の場合、Mac OS X v10.0の時(つまり10年前)から愛用していたClockやAppleWorksなどが使えなくなり、瞬間的には困った状況になってます。また、MailもiPad風になってしまって、メールの一覧性が悪くなったのも、今は使いにくいと感じてます。でも、これを機会に新しい代わりのアプリに移行し、新しいアプリの操作に慣れていかないといけないなぁと思ってます。

フルスクリーンアプリも、最初は違和感を感じましたが、画面ってこんなに広かったんだって意外な発見がありました。これまでは、買い換えるなら13インチのMacBook Airって思ってましたが、今よりちょっと画面解像度が縦方向に狭くなる11インチのMacBook Airでもいいかもなんて思ったくらいです。

慣れ親しんだものに固執せず、新たな概念を受け入れなきゃ。そう思わせてくれたOS X Lionでした。


MacBook Air 延命

GMonster-1.8" ZIF V4 ちょうど1ヶ月くらい前に、我が家の初代MacBook Airが起動しなくなって復元した後も、数日おきに起動しなくなり、結局、4回も復元をする羽目になりましたgawk。新しいMacBook Airにしようかな、なんて考えたこともありましたが、欲しいスペックで見積もると軽く10万円を超えるし、新しいMacBook Airは所々コストダウンのツケが見られるんですよねbearing。中でも、キーボードのバックライトがなくなったのと、スリープ時のLEDがなくなったのが、ちょっと安っぽい気がして、今のMacBook Airを延命することにconfident。なんだかんだ言って、気に入ってるんですdelicious

初代MacBook Airの弱点は「遅い」の一言に尽きるのですが、ネットでいろいろと調べたところ、原因がはっきりしましたflair

  1. 動画を見続けたりすると、CPUが熱暴走する。bomb
  2. とにかくHDDが遅い。snail

ホント、初代MacBook Airは熱対策がまるでできてなくて、夏とかファンが回りっぱなしです。ひどいときはブラウザしか起動してないのに、日本語入力すらまともにできなくなりますgawk。ところが、世の中にはいいものがあるんですね。CoolBookというアプリ($10)で、CPUのクロック数や電圧を自分で設定できるんです。デフォルトだと800MHzから1.6GHzまでの可変ですが、600MHzから1.4GHzまでの可変に下げて、電圧も可能な限り下げてしまいました。特に遅くなった印象はありません。むしろ熱暴走もなくなって速さを維持できるし、ファンもほとんど回らなくて静かになったので、一石二鳥です。

さらに、普段はFlashを使わないことにしました。これもFlashlessという便利な無料アプリがあり、Safariなどで勝手にFlashが起動しなくなります。もちろん、見たいときはFlashの箇所をクリックすればいつでも見れるので、いざというときは安心です。MacのFlashって無駄にCPUを消費するので、初代MacBook Airだとネットサーフィンしてるだけでファンが回り始めるんです。最新のMacBook Airですら、こんな状態のようです。でも、Flashlessのおかげで、無駄な広告もシャットアウトされ、ファンも回らず、更に静かになりました。

そして、何度もクラッシュしてしまったHDDですが、このブログの記事を読んでHDDの時代は終わったんだと気付き、SSDにしてしまいました。ネットでも交換事例の多かった、GMonster-1.8" ZIF V4の128GBです。ちょっと高かったんですが、思い切って買っちゃいました。HDDの交換方法は、ASCII.jpのページブログの記事を参考にしました。事前に何度も調べていたので、交換は20分程度で終わり、SSDをフォーマットした後、いつものように(?)、Time Machineで丸ごと復元ですgood

というわけで、瀕死の状態だった初代MacBook Airは、HDDの微かなカリカリ音も消え、ファンも滅多に回らず本当に静かになった上、OSやアプリの起動も速くなり、あと1-2年は使えるかなという状態にまで回復しました。もちろん、最新のMacBook Airの速さには遠く及びませんが、次のMacBook Airが発表されるまでは、様子見ですねconfident

しかし、今思うと、初代MacBook Airって、偉大なる試作品だったんじゃないかって思いますねsweat01。初代があるから今の最新モデルがあるという意味では偉大だけど、ちょっとお粗末な設計という意味では試作品かなとcoldsweats01。でも、全方位の優等生より、多少の欠点があるくらいの方がかわいいものなんですconfident


素晴らしき Apple TV

Apple TV 一昨日の夜に注文したApple TVが、昼前に届きましたhappy01

届いた瞬間、箱の小ささにびっくりcoldsweats02。そして、箱から取り出すと、想像していたものより遥かに小さく、掌にすっぽり収まる程度の小ささでしたconfident。我が家はWi-Fi接続なので、電源ケーブルとHDMIケーブルの2本だけで接続完了。初期設定もさほど迷うことなく、すぐに完了scissors

そして、ついにMacBook Airの中に入った3,400枚の写真が、リビングの47インチ液晶TVにスライドショーとして映し出されるようになりましたlovely。これまでは、MacBook AirとiPhoneでしか見られなかったのですが、ようやく大画面で、それも家族が一緒に見られるようになりましたhappy02。もちろん、iTunesにしか入っていない音楽もリビングのオーディオ機器で聴けるし、自分で編集したムービーもリビングの液晶TVで見られますlovely。この日をどれだけ待ちわびたことかcrying。まだ高価だった先代モデルを無理して買わなくてよかったconfident

こうやって、MacBook Airを中心に、いろんなコンテンツを他のデバイスに持ち出せる、エコシステムができてきました。ちなみに、我が家にApple製品はいくつあるんだと数えてみたら、使ってないものも含めて、何と13台もありましたcoldsweats01

さて、試しに映画もレンタルして観てみました。以前は楽天レンタルでBDを借りてたんですが、観たいBDは半年以上待っても、結局、順番が回ってこないんですよねpout。でも、Apple TVだと、その場で選んですぐに見始めることができますhappy01。映画を見終わったあと、家族で他の作品の一覧を見ながら、「おー、これ懐かしいー」とか、ちょっと盛り上がりましたdelicious

映画に関しては、HD画質でも720pなのでBDに遠く及びませんが、それでも、DVD以上 地デジ未満くらいの実力はあります。音は5.1chのドルビーデジタルなので、ちゃんとサラウンドしてるし、音質もDVD以上の実力です。手元に置いておきたい作品じゃなければ、これでいいかなって思いました。あとは、これからどれくらい作品が増えていくかですねconfident

この内容で8,800円のApple TV、とってもお買い得だと思いますgood


MacBook Air ご臨終のち生還

DSC00110 マジかよーーーーーーcoldsweats02、MacBook Air が起動しなくなったcrying

調子が悪くなったのが、水曜日の夜。何か動作がもっさりしてるなぁと思い、ひさしぶりにシャットダウンしてみるけど、いつまで経ってもシャットダウンが終わらないthink。仕方ないから、強制的に電源を落として、再び電源を入れると、起動の途中でプスンと電源が落ちてしまう。何度か試すけど、変わらず。夜も遅いし、明日でいいやと、この時はさほど気にもせずsleepy

寝てる間に、クパチーノのApple本社では新しい MacBook Air の発表会lovely。それで拗ねてしまったのか、翌木曜日の朝になっても、我が家の初代 MacBook Air は何度試しても起動の途中で電源が落ちてしまいますsweat02。会社があるので、諦めて出勤し、帰宅後に再挑戦。今度はプスンと電源は落ちないものの、いつまで経っても起動が終わりません。放置すること2時間。状況が変わらないので、仕方なく強制的に電源を落としたのがトドメの一撃だったようです。HDDがクラッシュしたようで、電源を入れても?マークがピコピコ点滅するだけsweat01。やってもうたぁbearing

もう、いろんなことが頭を駆け巡ります。Time Machine が10日以上バックアップ取ってないぞと、何度警告してきたことか。無視し続けて、軽く3週間以上wobbly。今更反省しても遅すぎるweep。バックアップから復元できなかったら、どうしよう。MobileMeに保存してるメールとスケジュールとアドレス帳は問題ないけど、12年分の家族写真、9年分の家計簿、かつて書いてた16年分の日記、投資記録に年賀状に家系図等々、なくなったら困るどころの話じゃないcrying

この土日は、MacBook Air 復旧のためにすべての時間を使いましたよconfident。ネットであれこれ調べ、ヤマダ電機で必要そうなものを買い込み、あれを試して、これも試して、苦労の末、昨日の夜遅くにどうにか1ヶ月前の状態に復活。今日は1ヶ月分の差を埋めるべく、家計簿を再入力したり、デジカメに残ってた写真を取り込んだり、何とかご臨終前に近い状態にしましたhappy02

如何に人生のいろんなものがMacに入っていることか。そして、Time Machine の偉大さに感謝confident


iPod nano 買っちゃいました

DSC00103 先日、新しいiPod nanoを買っちゃいましたconfident

iPhoneを持ってるのに何でと思われるかもしれませんが、音楽を聴くのにiPhoneを胸ポケットに入れるのって、重いんですよねthink。初代iPod nanoも持ってるので、久々に使ってみたけど、やっぱりポケットに入れることに変わりなし。加えて、iPhoneの操作に慣れた今、初代iPod nanoの操作性がちょっと直感的じゃなかったんですthink

それに対して、第6世代のiPod nanoは、実によいですねgood。やっぱり、ポケッタブルとウェアラブルとじゃ、まるで使い勝手が違います。クリップでどこにでも着けられるから、胸ポケットのないポロシャツでも、上着を着込む冬着でも、服装に関係なく使えます。操作性も、iPhoneっぽくて使いやすいです。J-WAVEリスナーには、ラジオが付いてるのも嬉しいですmusic

ただ、ちょっと残念だったのは、音質。初代iPod nanoに比べるとかなり改善されてるけど、iPhoneやiPod touchと比べると、ややこもった感があって、ラジカセちっくな音です。小ささ優先だと、仕方ないのかな。音質さえ改善されれば、パーフェクトなのにbearing

ちなみに、妻のiPod nanoも含めると、我が家には4台のiPod nanoがあります。iPhoneも2台あるし、iPod touchも1台あるし。次はApple TVが欲しいなぁ。見事にAppleの戦略に乗っかってますcoldsweats01