大阪都構想に対して元政令指定都市在住の現東京都民として思うこと

大阪市民のみなさんへ

新聞報道によれば、大阪都構想の是非を問う2度目の住民投票が決まったとのことです。推進派である大阪維新の会はメリットばかりを強調していますが、元政令指定都市在住の現東京都民としては、ちょっと疑問に思うことがあり、それを綴ってみたくなりました。

今回の住民投票権をお持ちの方は、判断材料にしていただければ幸いです。

大阪の現状

大阪維新の会曰く、大阪都構想の最大の焦点は「二重行政の解消」です。ここだけ読むとその通りなんですが、ちょっと落とし穴があると思っています。要するに、現状は、

大阪府と大阪市が仲悪いだけじゃん

ということに尽きると思うんです。

現在の仕組みのままでも、大阪府と大阪市が協力し合えば、無駄はなくせるはずです。でも、悲しいかな、人間の性というか、本能的に縄張り争いをしてしまうから、再編成しましょうよという話だと思います。

大阪都になるとどうなる?

大阪市民からの視点で表現すると、こうなるはずです。

大阪府が大阪市の大半の権限を奪い取り、大阪市は4つの特別区に解体され、自分の住んでいる自治体は人口275万人の政令指定都市から人口70万人前後の小さな特別区になる。

おそらく、このイメージを持っている人は少ないのではないかと、勝手に想像しています。

私自身、政令指定都市である広島市(中区と東区)に住んでいたことがありますが、行政サービスや文化について、中区と東区を区別して考えたことはありませんでした。どちらも同じ広島市であり、広島市全体として捉えていました。もちろん、各種手続きは中区役所に行くか東区役所に行くかの違いはありましたが、どちらも広島市としての手続きです。

ところが、東京特別区(いわゆる東京23区)は、全く異なります。例えば、世田谷区とお隣の杉並区や大田区は全く別の自治体であり、そこで提供される行政サービスも全く異なります。正直、世田谷区民にとっては、極端な話、

お隣だとしても、杉並区や大田区のことなんか知らんがな

という状態ですし、互いに住民を増やしたいが故に、互いに切磋琢磨しているイメージです。どちらかと言うと、一般市に近いです。(もちろん、一般市と特別区では、担当する行政サービスの範囲が異なるので、単純比較はできませんが、あくまでも感覚の話です。)

結局は東京都へのコンプレックスでは?

私自身、地方出身の田舎者なので、上京するまでは東京が醸し出す中央集権的な文化や思想が大嫌いでした。でも、いざ暮らし始めるとすぐに気付きました。

東京は地方出身者で成り立っている

生粋の東京人は、実は少ないんですよ。もちろん、「実家が麻布や六本木や虎ノ門です」という人もいるし、「3代続けて清澄白河に住んでます」という地元の人もいますが、滅多に会いません。日本全国からやってきた田舎者が支えている、仮想的な街が東京の実態です。

大阪都という名称に拘っているのを見ると、単なる東京都へのコンプレックスじゃないのかと思ってしまいます。大阪府は大阪府のままでいいじゃんと。大切なのは中身であり、二重行政の解消が目的なら、あえて東京都と同列であることを誇示したいかの如く大阪都なんて名称にしなくても、大阪府のままで堂々としていればいいじゃないかと思っています。むしろ、大阪府と京都府しか「府」を名乗れないのであり、これこそ誇りに思うべきです。

東京の二番煎じじゃなく、大阪は大阪らしさを追求すべきではないでしょうか。大阪都構想については部外者ですが、部外者だからこそ、感じたことをそのまま綴ってみました。


電気を使う時間をずらそうよ

東京電力管内では、電力供給力の不足のため、節電が呼びかけられているのは、誰もが知っていることだと思います。省エネという観点では、節電は一次エネルギーの消費量削減に直結しており、非常に有効です。

しかし、計画停電を減らすという観点では、時間を問わず過剰な節電が必要というわけではありません。瞬間的にでも「電力供給<電力需要」という状態になると大規模停電が起きてしまうので、電力会社は常に「電力供給>電力需要」という状態を保つように努めています。3月19日現在、東京電力の電力供給力は約3,400万kWに減ってしまったので、常に電力需要がこれを下回るようにするため計画停電を実施し、電力需要を強制的に抑制しているのです。

電力需要は時間帯によって変動し、深夜から早朝にかけての時間帯が谷となりますが、昼間のおよそ半分程度にまで減ります。以前から、電力会社は電力需要の山と谷の差を少なくするよう、電力需要の負荷平準化を呼びかけていましたが、節電と同様、一般家庭でも簡単に対応できることばかりです。

要するに、「時間をずらして使える電化製品は、深夜か早朝に限定して使おうよ」ということを徹底すれば、それほど今の便利な暮らしを捨てることなく、計画停電を減らすことができます。具体的には、以下の電化製品を使う時間を、23時から7時に限定してみてください。

  • 炊飯器
  • エアコン
  • 洗濯乾燥機
  • 食器洗い機
  • 生ごみ処理機
  • アイロン

炊飯器

タイマーを使って、朝5時から6時くらいに炊きあがるようにし、起床してすぐにおひつに移しましょう。そうすれば、食べる時は温め直すだけの電力で済みます。おひつは楽天等でいくらでも売っています。理想的には土鍋でガス炊きでしょうが、それよりはハードルが低いと思います。

エアコン

タイマーを使って、朝5時くらいから部屋を暖めておき(もしくは冷やしておき)、遅くとも7時には切ってしまいましょう。夜は23時を過ぎたら使うようにしましょう。

洗濯乾燥機

タイマーを使って、朝5時くらいまでに洗濯から乾燥までを終えるようにしましょう。乾燥機を使わない人も、朝7時くらいまでに洗濯を終えるようにしましょう。

食器洗い機

タイマーを使って、深夜1時から朝5時くらいまでに使うようにしましょう。1回では洗いきれない場合も、2回目は朝7時くらいまでに洗い終えるようにしましょう。

生ごみ処理機

タイマーを使って、深夜1時から朝5時くらいまでに使うようにしましょう。これこそ、昼間に使う必然性がありません。

アイロン

夜型の人は夜23時を過ぎてから、朝型の人は朝7時くらいまでに使うようにしましょう。

ゲーム感覚で楽しむ

東京電力では、昼間の電気料金が高くなる代わりに、深夜と早朝の電気料金が安くなるおトクなナイト(2020年8月現在は、夜トクプラン)という料金プランがあります。電気メーターの交換が必要ですが、東京電力に連絡すれば、すぐに対応してくれますし、もちろん一般家庭でも適用される料金プランです。

毎月の料金明細には、昼間の使用量と深夜・早朝の使用量が別々に記載され、昼間の使用量が少なければ少ないほど、計画停電を減らすことに協力できたということにもなります。昼間の消費電力を、どのくらい深夜と早朝に移せるか、家族で楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちなみに、我が家の2010年と2019年の消費電力の推移です。総量が多いので省エネという観点では誇れる内容ではありませんが、これくらいは深夜と早朝に移せるという一例です。昼間のエアコンを完全に禁止すれば、昼間は200kWh未満にできますが、それには家族の理解と協力が必要です。

2010年の消費電力 (夫婦共働き+小学生)
  昼間 8時-22時 (kWh) 夜間 22時-8時 (kWh) 合計 (kWh)
1月 285 706 991
2月 232 613 845
3月 198 518 716
4月 224 496 720
5月 204 373 577
6月 185 266 451
7月 284 433 717
8月 362 549 911
9月 367 513 880
10月 251 366 617
11月 184 481 665
12月 205 739 944
2019年の消費電力 (夫婦共働き)
  昼間 9時-21時 (kWh) 夜間 21時-9時 (kWh) 合計 (kWh)
1月 254 455 709
2月 203 451 654
3月 197 385 582
4月 184 302 486
5月 132 279 411
6月 111 259 370
7月 101 282 383
8月 133 365 498
9月 134 303 437
10月 117 235 352
11月 143 308 451
12月 169 413 582

洗濯乾燥機 再修理

埃の山 昨年の11月に我が家の洗濯乾燥機が全く乾燥しなくなってしまいましたが、そのときの再来とも思える兆候が現れ始めたのが先々週。乾燥が終わってるはずの洗濯物は、何だかじっとり生乾きsweat02。このままだと確実に乾燥しなくなるなと思い、パナソニックに連絡し、先週の土曜日に修理となりましたwrench

が、修理のおじさんは人の話を聞かないマイペースな人で、事前に埃フィルタで取れる埃の量が激減し埃が詰まっているようだと伝えていたにもかかわらず、埃が詰まってるはずがないと言い、まるで関係ない排水ホースが詰まり気味だとか、ヒートポンプユニットは問題ないとか、実に的外れな対応gawk。親切なのか何かわかりませんが、自分で問題ないと言ったヒートポンプユニットを交換し、これで様子を見てくださいと言い残して帰っていきましたsweat02

当然ですが、直ってるはずがありませんangry。翌日、またパナソニックに連絡し、今週の土曜日、再修理となりました。こうして無駄に時間が過ぎる間に、埃はどんどん溜まっていったのか、ついに、8時間経たないと乾燥しなくなりましたwobbly。おい、おい、普通に干した方が早いぞthink

そして、土曜日にやってきたのは、また、同じおじさんですsweat02。エラーコードを確認し、「旦那さん、この前と違いますsign01」と自己を正当化するかのようなアピールsweat02。今回は埃が詰まってるというエラーが出てると言い、埃の除去が始まりました。っつか、最初から埃が詰まってると伝えてるでしょgawk

まあ、出るわ、出るわ、埃の山。右上の写真の通りですcoldsweats02。たった1年で、こんなに溜まるのsign02 しかも、これを利用者自身がメンテナンスできないんですよsweat01。全く乾燥しないまで埃が溜まらないと、修理すら対応してもらえない。それもどうなのさthink

ま、とりあえず、乾燥機能は回復し、こんなにからっと仕上がるんだっけというくらい、きっちり乾燥してくれるようになりました。実は、保証期間を4ヶ月ほど過ぎていたんですが、前回の修理から1年しか経っていないということもあってか、今回も無償で対応してくれました。その点は感謝しますが、ちょっとお粗末な対応でしたgawk。昨年はちゃんと対応してくれたのになぁthink


初のLED電球

DSC00105 玄関と廊下の蛍光灯が切れたままで、さすがにちょっと不便だったので、夕方、電気屋さんに出かけてきましたdash。10年近く前から、家中の電球を電球型の蛍光灯にしてるんですが、今回は前々から気になっていたLED電球にしてみましたhappy01

LED電球と言えば、消費電力は少ないけど、高いし、重いし、暗いし、格好悪い、ってのがこれまでの印象でした。ところが、いつの間にいいのが出てるんですねcoldsweats02。値段も3,000円前後に下がり、軽くて、デザインもいいんですよlovely。怪しげなメーカーのものが1,380円で売られてましたけど、さすがにそれはやめて、デザインと信頼感を優先してPanasonic製のLED電球にしましたflair

帰宅後に、早速、取付けてみましたが、充分に明るいではないですか。光の感じは電球ほど柔らかくはないですが、電球色の蛍光灯とほぼ同じです。これはいいですhappy02。次からも、LED電球ですねgood

ちなみに、我が家のプリウスのヘッドライトもLEDです。車はエンジンからモーターへ、そして、照明は電球や蛍光灯からLED電球へ。時代が大きく変わってるって感じですねconfident


デジカメ世代交代

ついに念願のデジタル一眼を買ってしまいましたhappy02。きっかけは、SONYから届いたメルマガmailtoレンズ交換式のハンディカムを発表したというものでしたが、そういやSONYもミラーレスのデジタル一眼を出してたなと思い出し、あれこれ調べ始めるうちに、NEX-5ならこれまでの不満が一気に解消するじゃないかということがわかり、思い切って買っちゃいましたcoldsweats01。8年ぶりにSONY回帰ですconfident

デジカメを使い始めた頃は、使い勝手のよさが気に入ってSONYを3台続けて愛用しましたが、フィルム式のカメラの代わりになる画質で、かつ、一眼レフのように大袈裟じゃない奴ということで、Canon Powershot G2 に鞍替えしたのが2002年の秋。その後もCanonを愛用し続け、計4台のPowerShotとIXYを使いました。

しかし、どうも画質が満足いかないと気付いたのです。特に、お気楽撮影用に買った IXY 910 IS は、屋内はもちろん、屋外のような明るいところでもノイジーで、ざらついた感じがありました。行事撮影用の Powershot S5 IS でも、まあまあのレベルです。

そんなにレンズ交換できる一眼レフはすごいのかsign02 という疑問を長らく持っていましたが、SONYのメルマガをきっかけに調べ始めたら、レンズ交換できるからじゃなくて、撮像素子(CCDとかCMOSと呼ばれるもの)の大きさがまるで違うということがわかりました。デジタル一眼やデジタル一眼レフの撮像素子って、面積比でコンパクトデジカメの20倍くらい大きいんですcoldsweats02。背景がぼけた写真が撮れるのも、こいつのせいなのねとわかったら、俄然、デジタル一眼に興味がわき、Canonと真逆を行く、SONYに回帰したという訳です。

Canonは良くも悪くもカメラ屋さんで、撮影手段が主体のインターフェースなんですよ。例えば、絞りをどうするとか、シャッター速度をどうするとか。玄人にはいいけど、素人には結果が見えにくいんですthink。一応、シーンに応じた撮影モードはありますけど、お任せしても思ったような映像になってくれませんgawk

一方、SONY NEX-5 は基本はフルオートですべてカメラに任せろsign03 だけど、デジタル一眼の一番の特徴であるぼけ具合だけをダイヤルですぐに調整できるインターフェースになっています。つまり、結果が主体のインターフェースなんです。裏では、絞りとシャッター速度とISO(フィルム感度)を連携させて自動調整しているんですが、どれくらいぼけるかという結果だけをダイヤルで調整できるという、手段は何でもいい私にとっては実に優秀で最高のインターフェースですhappy02。一眼レフのαシリーズの画質とCybershotやハンディカムのインターフェースを組み合わせたような、実にSONYらしい製品だと思いますhappy01

この対比って、昔ながらの操作に固執するか、デジタルだからこそできる新しい価値観に飛び移るかの違いのような気もします。我が家は、車に続き、デジカメも世代交代confident

ちなみに、こんな感じで簡単に背景をぼかしたりできます。

庭にいたバッタ お父さん犬と仲間たち

そして、動画もフルハイビジョンで撮影できるので、ハンディカムも引退させることにしました。これで、ビデオと行事用カメラとお気楽用カメラの3台に別れていたのが、1台に集約されますhappy02。これまでの3年間、旧三役はよくがんばってくれましたconfident。特に Powershot S5 IS は1,500枚も撮影してましたからねcoldsweats02

旧三役 期待の新人

明後日の夜からとんぼ返りでリゾナーレに行くので、早速、撮影してきたいと思いますcamera